日本で行きたい世界遺産(世界自然遺産)

1993年に初めて4件が登録されて以来、日本の世界遺産は自然環境や歴史の面でも独自の変遷を遂げ、毎年増え続けています。

更新日: 

管理人さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 0 view
お気に入り追加

知床(北海道)

観光拠点はウトロと羅臼。ウトロ側は知床五湖の地、フレペの滝(別名乙女の涙)をはじめとする様々な滝や奇岩が点在。羅臼側は、ドラマにも使用された美しい浜辺と、イルカやクジラのウォッチングが楽しめる。上陸が自粛されている知床岬は、観光船を利用して海から観賞することができる。

知床の語源は、アイヌ語で地の果てを意味する「シリエトク」。北半球で流氷接岸する最南端の地であり、陸から海へとつながる生態系が顕著に見られること、希少な動植物の生息地域となっていることから世界遺産に登録された。

白神山地(青森県、秋田県)

標高1000m~1200mの一帯に広がる世界最大級のブナの原生林には、多種多様な植物が共存し、ツキノワグマやクマゲラなど希少な動物も生息している。3つの滝からなる暗門滝をはじめとする様々な渓谷や、樹齢約400年のブナの巨木に会える津軽峠や岳岱自然観察教育林、頂上から世界遺産地帯を一望できる白神岳や二ツ森など、見所が多数。

青森県南西部から秋田県北西部にまたがる、総面積約13万haの土地の総称で、中心部の約1万7千haが世界遺産に登録されている。

小笠原諸島(東京都)

大陸から隔絶した島々で、島の生物は独自の進化を遂げている。そのため、東洋のガラパゴスと呼ばれるほど貴重な動植物が多い。日本では沖縄と小笠原でしか栽培されていないコーヒーも。しかし、近年は人間が持ち込んだいわゆる外来種によって、いくつかの固有種が絶滅の危機に瀕している。

屋久島(鹿児島県)

標高1900mを越える山々があるため亜熱帯から亜寒帯に及ぶ様々な植物が見られ、また「ひと月に35日雨が降る」と表現されるほどの雨量があり、さらに縄文杉や仏陀杉、ウィルソン株など樹齢2000年以上とも言われる屋久杉が多く自生しているなど、豊かで貴重な自然環境が大きな特徴だ。

島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47平方メートルが世界自然遺産に登録されている。



おすすめまとめ